双方9名のメンバーで行うスポーツが野球です。ピッチャーの投げるボールを打ち、得点に繋げると言うスポーツです。

メンバー9人で行うスポーツ野球

メンバー9人で行うスポーツ野球

メンバー9人で行うスポーツ野球 野球とは双方メンバー9人で行うスポーツです。ピッチャーと言われる選手が相手側のバッターにボールを投げてバッターがピッチャーの投げたボールを打ち、その打ったボールがファースト、セカンド、サードを巡り、ホームベースに辿り着いて初めて点数を得られるスポーツで、その点数を競うのが野球と言うスポーツなのです。守備をするチームはピッチャーとキャッチャー、このキャッチャーと言うのはピッチャーが投げたボールを受ける選手です。そしてボールを打ったバッターがダイヤモンドと言われるファーストからホームベースに至るまで、ファーストには一塁手、セカンドには二塁手、サードには三塁手と言うポジションがあるのです。

そしてホームベースを守備しているのがキャッチャーとなります。試合形式は1回から9回まであり、敵味方に分かれるのですが、1回の表の攻撃と言うのが相手側は守る側となり、ダイヤモンドの守備以外にもショート、そして右側の奥の方にライト、そして真ん中の奥の方にセンター、そして左側の奥の方にレフトとしてのポジションがあるのです。合計9つのポジションがあります。この9つのポジションで、攻撃する側から点数が入らないように守備する訳です。そして攻撃する側は、バッターボックスと言うキャッチャーが陣取る場所にてピッチャーの投げるボールを打つ訳です。もし仮に、投げたボールを打って、外野スタンドに入ればホームランとなり自然に得点が入りますが、それ以外でも争うのが野球と言う競技です。